News

2020.03.30

  • お知らせ

S.RIDE®、JVCケンウッドの配車システム「CABmee」との連携開始

みんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:西浦賢治、以下、みんなのタクシー)は、2020年3月31日より、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、社長執行役員 CEO:江口祥一郎、以下、JVCケンウッド)のタクシー向け次世代IoT配車システム「CABmee(キャブミー)」との連携を開始致します。

みんなのタクシーは、都内タクシー事業者、及びソニーグループの合弁企業です。株主である都内タクシー事業者が保有するタクシー車両は現在都内最大規模の1万台を超えています。タクシー配車アプリの名称“S.RIDE”には、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴しています。アプリをワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスです。

JVCケンウッドは、従来型の製造販売業からお客さまの課題を解決するためのソリューションを提供する「顧客価値創造企業」への進化を図るとともに、お客さまに新たな価値を提供する次世代事業の早期事業化を推進しています。これらの取り組みの一つとして、クラウドを活用した配車システムからカーナビゲーションや配車情報を表示する車載システムなどをトータルで提供する、次世代IoT配車システム「CABmee」の提供を開始するなど、その取り組みを加速しています。「CABmee」はクラウドを中心に、オペレータシステム、車載システム、乗客のアプリが連動しており、クラウドでのデータベース管理や地図・ナビなどとの連携が簡単に実現できる発展性や柔軟性が強みとなっています。

今回、「CABmee」を導入されているタクシー事業者と乗務員の更なる利便性向上のため、「S.RIDE」の配車システムとJVCケンウッドの「CABmee」を連携させることで、乗務員が使用する既存の乗務員専用タブレットに対し、電話に加えて、S.RIDEの配車依頼も一元管理できることが可能になります。

JVCケンウッドの「CABmee」との連携

今後、みんなのタクシーとJVCケンウッドは、「CABmee」導入の全国のタクシー事業者に対して、共同でS.RIDEの導入を働きかけると共に、安心・安全・快適な移動体験の提供を通じて、豊かな社会につながるモビリティサービスを追求していきます。

【みんなのタクシー株式会社 会社概要】
会 社 名 : みんなのタクシー株式会社
住 所 : 東京都台東区台東 1-24-2
設 立 : 2018 年 5 月 31 日
代 表 者 : 西浦 賢治
事 業 内 容 : タクシー事業者等に向けた配車ソフトウェア・システム他の企画・開発・サービス提供
サービスサイト : https://www.sride.jp/jp/

*“S.RIDEエス ライド”はみんなのタクシー株式会社の登録商標です。

【報道関係からのお問い合わせ先】
みんなのタクシー株式会社:
E-MAIL:info@mintaku.co.jp
コーポレートサイト:
https://www.mintaku.co.jp/jp/