2021.06.01

  • お知らせ

S.RIDE × ニューステクノロジーが打ち出すタクシー産業のDX施策
S.RIDE加盟タクシー会社5社が、新サービス「Canvas」の可能性に期待!
国内初の車窓モビリティサイネージサービス「Canvas」合同出発式を開催空車時間を活用した新たなビジネスモデルでタクシー業界への支援を進める

東京都内最大級のモビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」を運営する株式会社ニューステクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役:三浦純揮、以下 ニューステクノロジー) とタクシーアプリ「S.RIDE®」を運営するソニーグループのS.RIDE株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:西浦賢治、以下S.RIDE)は、S.RIDEの株主タクシー会社である株式会社グリーンキャブ、国際自動車株式会社、寿交通株式会社、大和自動車交通株式会社、チェッカーキャブ無線協同組合とともに、国内初の車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」(以下「Canvas」)の実走開始に伴う合同出発式を、ソラマチ広場にて2021年5月31日(月)に開催しました。

「Canvas」合同出発式
オフィシャル素材のダウンロードはこちらよりダウンロードください。

「Canvas」は、2021年5月31日(月)より、国際自動車株式会社、大和自動車交通株式会社の合計100台のタクシーに搭載し、東京都内で走行を開始しました。
合同出発式では、実際に街中を走行する「Canvas」搭載のタクシー2台をメディア関係者にお披露目し、テープカットセレモニーにて、新サービスの門出を祝いました。また、タクシー車窓には「Canvas」ローンチ記念で限定登場する国民的大人気漫画「ワンピース」のクリエイティブが投影され、出発式に彩りを添えました。「Canvas」事業を運営するS.RIDE代表取締役社長の西浦とニューステクノロジー代表取締役の三浦より、タクシー産業における更なるDXの推進への意気込みを表明し、S.RIDE加盟のタクシー会社5社の代表者より「Canvas」への印象や期待について、コメントが出されました。
▼以下、各社コメント

株式会社ニューステクノロジー
代表取締役 三浦 純揮

『コロナで移動が制限される中で、事業者の皆様は大変な時期にあると思っています。しかし、移動自体がなくなることはないので、タクシー事業において引き続きS.RIDEとともに良いプロダクトを作って参ります。インバウンドが徐々に戻り、海外の方が日本を訪れた際、「Canvas」を見て東京の新しい景色だと認識していただけたら有り難いです。 2022年中には3000台、街で「Canvas」を見かけない日はないというレベルで成長させていきたいと思っておりますので、今後の「Canvas」にもどうぞご期待ください。』

S.RIDE株式会社
代表取締役社長 西浦 賢治

『ソニーグループ株式会社から、経営方針説明会で「Direct to Consumer」領域を注力すると発表がありましたが、S.RIDEも移動に感動をのせてお客様に提供していく「Direct to Consumer」のサービスと考えています。今後も、S.RIDEアプリを通じてお客様に付加価値の高いサービスを提供して参ります。そして、「Canvas」は、タクシーの空車時に着目したタクシー産業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)です。タクシー事業会社、ニューステクノロジーとともにタクシー産業のDXを推進して参ります。』

株式会社グリーンキャブ
取締役統括本部長 髙野 康央様

『この新しい「Canvas」によって元気のない街全体の状況が少しでも良くなることを祈っております。』

国際自動車株式会社
代表取締役社長 西川 洋志様

『我々タクシー事業会社に素晴らしい商品を提供いただきました。日本で初めての車窓サイネージです。タクシー業界は厳しい状況が続いておりますが、このような暗い環境の中で非常に明るいお話を頂戴しました。100台からのスタートですが、日々増やしていけるよう皆様のご支援賜りながら、日本中で「Canvas」を搭載したタクシーが走行することを願っています。』

寿交通株式会社
代表取締役社長 千田 裕様

『タクシーの新しいサイネージ「Canvas」が今日から東京の街を走り出します。我々も「Canvas」導入を機に、関係者の皆様にご協力いただきながらS.RIDEの発展に尽力して参ります。』

大和自動車交通株式会社
代表取締役社長 前島 忻治様

『2019年に上海を訪問した際、タクシーのバックウィンドウに動画広告が流れているのを見て、いいなと思い、日本にアイディアを持ち帰りました。こうしてニューステクロジーとS.RIDEとともに実現できたことを嬉しく思います。』

俳句がご趣味の前島様に、一句披露いただきました。「Canvasに 華やぐ街よ 風香る」

チェッカーキャブ無線協同組合
理事長 秋山 利裕様

『「Canvas」は単なる広告でなく、戦略的な広告だと感じています。「Canvas」搭載によりタクシーの機動力が増し、例えばイベントの際に何十台も連ねるということも期待できます。将来的に、広告を映すためにタクシーが呼ばれる時代が来たら嬉しいです。』

国内初の車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」

THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas

「東京に新たなギャラリーを」をコンセプトに、都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す国内初の車窓モビリティサイネージサービスです。
5月31日よりJPN TAXI 100台で運用を開始。その後段階的に対象車両を増加し、S.RIDEの株主タクシー会社が保有するJPN TAXI全てに搭載していく予定です。
将来的には従来の屋外広告の枠を超え、タクシー配車アプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やその他情報を表示できるよう開発を進めていく方針です。

ニューステクノロジーとS.RIDEは、今後もタクシーを起点に人々の「移動」に伴う体験価値の向上と豊かな社会につながるモビリティサービスを追求し、モビリティ産業への貢献をめざします。
また、タクシー会社とともに様々な取り組みを実施することでタクシー産業の活性化につなげてまいります。
「Canvas」URL:https://growth-tokyo.jp/media-guide/

■株式会社ニューステクノロジー
会 社 名:株式会社ニューステクノロジー
住 所:東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 13F
設 立:2014 年 10 月 1 日
代 表 者:三浦 純揮
資 本 金:2,000万円
事 業 内 容:コンテンツクリエイティブ事業、メディアアカウント事業、サイネージ事業

■S.RIDE株式会社
会 社 名:S.RIDE株式会社
住 所:東京都台東区台東1-24-2
設 立:2018 年 5 月 31 日
代 表 者:西浦 賢治
事 業 内 容:タクシー事業者等に向けた配車ソフトウェア・システム他の企画・開発・サービス提供

*“S.RIDEエス ライド”はS.RIDE株式会社の登録商標です。

  • 【報道関係からのお問合せ先】
  • 株式会社ニューステクノロジー 広報:林・井上
    TEL : 0355448775  
    E-MAIL : pr@newstech.co.jp
  • S.RIDE株式会社
    E-MAIL : info@sride.co.jp